2015年05月18日

大阪都構想



 昨日の住民投票の結果、大阪都構想が否決されましたねえ。この結果、橋下さんは政界引退するようですし、なんというか政治の中で一つの流れが止まった感じがしますね。橋下さんが居ない維新はただの少数政党ですから、テレビなどのメディアの露出も減っていくでしょう。現状はまだ存続するようですが、代表も交代し、集票の要だった橋下さんも引退。柱だった政策も潰えたわけですから、このまま空中分解しそうな気がしますねえ。
 今回の選挙で面白かったのは、出口調査によると20代〜60代では僅差ではありますが賛成が上回っていたんですが、70代以上だけが大差で反対に回った結果、僅差で都構想は否決されたようです。前から言われていた若者の投票離れの問題がわかりやすく浮き彫りになった形ですね。正直なところ、若者に投票を呼びかけるのは無理があるんですよね。昔と違って日曜が必ず休める訳でもないですし、同年代が投票に行くという雰囲気でもないですし。これを改善するには、投票年齢を15歳ぐらいまで下げて、学生のうちに「投票する」という習慣を付けさせるぐらいしかないと思います。あとは年金受給者への投票権を無くすことですかね。年金受給する年齢って、今まで自分たちが作り上げてきた社会に頼る年齢ってことなので、作る側から頼る側になった以上、もう口出ししないで欲しいってのが個人的感想です。口出しできないと自分たちに不利なことばかり押し付けられるとか考える人もいますが、それをやると自分たちが同じ年齢になったときにしっぺ返しをくらうので、普通の理性ある政治家ならそんな政策は打ち出さないし、選ぶ側もそんな政策支持しないでしょう。まあ、理屈ではそう考えられるってことでも、実際に権利を取り上げられる側からしたら、絶対に反発するでしょうから、投票権を取り上げることはまず無理でしょうねえ。なので、無くすより与えることで、相対的に若年層の投票率を上げる方が現実的な解決策かなと思います。

 といったところで、今日の更新はこれにて終わり〜っと。


 
posted by 細雪 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: