2015年01月14日

ゲームの価値



 年末のことですが、正月に遊ぶゲームでも買うか〜ってことで、近場のブックオフへと行ったんですよ。最近じゃあゲームショップというと、家電量販店ぐらいしかない上、中古も扱ってるとなるとそれ+ゲオとブックオフぐらいしかないんですよねえ。子供のころにくらべて本当に減ったもんです。
 さて、話を本筋に戻しますが、ブックオフに置かれているのは基本すべて中古品です。昔と違って発売日と同時にやりたいってゲームが減っているので、特に中古品でも抵抗がない私としては、安く購入できるブックオフとかはありがたい存在なんですよね。で、陳列棚をざっと見渡して今回買ったのはPS3の『無双OROCH Z』です。六年前に発売された作品なので、まあかなり古い作品ではあるんですが、無双シリーズって基本内容は変わらないですしねえ。昔の作品でも基本は変わらないだろうし、値段も安かったので購入しました。ちなみに購入の決め手となったお値段ですが税込みで250円でした。
 毎月なにかしらゲームが発売されているので、6年も前の作品なら大分価値が下がるのも分かるし、細部を変更して大量に似た作品を発売している無双系なので、大幅に値段が下がるのは分かるんですが、大金をかけて開発したゲームがたかだか六年ほどで250円まで価値が下がるというのは悲しいものがあります。まあ、ゲーム会社からしてみれば、中古ソフトの値段がどれだけ下がろうと自分たちには関係ないんでしょうけどね。だからこそ、一昨年のJOJOのような売り逃げっぽいことが起きてユーザーの怒りを食らうわけですが。
いちユーザーとしては新品で買いたくなるようなゲームを、そして買ったことを後悔させないような内容のを作って欲しいものです。

 といったところで、今日はこれからゲームをするので終わり〜っと。

 
posted by 細雪 at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: