2015年12月30日

説明の続き


 一ヶ月以上経ってしまいましたが、かんぱに☆ガールズの説明の続きです。まずは個人的には魅力と言っていた戦闘システムの説明です。
 このゲーム、実際の戦闘中にはプレイヤーがやることはほとんどありません。一応「社長スキル」というもので、戦闘中にプレイヤーが任意で一時的な能力増加やHP回復などを行えますが、これは50分や100分に一回しか使えないので、どうしても突破したいクエストに使ったりするだけで普段のレベリングには不向きな機能です。なので、通常のレベリングするときはクエスト開始から終了まで戦闘に関与することはありません。ああ、極稀にではありますが、どちらも相手を倒しきれず延々と攻撃しあう状況に陥ることがありますので、その場合はプレイヤーが『撤退』ボタンを使って、クエストを終了させないといけないですね。ではプレイヤーが戦闘に向けてなにをやるかというと、
 1・装備品の開発。
 2・PTの編成。
 3・作戦行動の設定。
主にこの三つとなります。このゲーム、キャラの攻撃スキルは装備武器に依存しているので、装備品開発状況次第でクエストのクリアが決まる場合があります。PT編成は魔法攻撃が有効な敵や弓攻撃が有効なとかもいるので、その辺を見極めての編成が必要になったりします。そして最後の作戦行動の設定。これがこのゲームの特徴の一つでしょう。かんぱにでは現在以下の作戦行動が実装されています。
 ・リーダーをねらえ!
 ・元気なヤツをねらえ!
 ・弱ってるヤツをねらえ!
 ・強敵をつぶせ!
 ・雑魚をけちらせ!
 ・範囲攻撃をとめろ!
 ・遠距離攻撃をとめろ!
 ・魔法攻撃をとめろ!
 ・回復役をつぶせ!
 ・テキトーにたたかえ!
以上の作戦のうち、キャラがそれぞれ固有で一つ持っています。例えば防御力とHPが高い敵リーダーと防御力とHPの低い回復役の敵二人がいたとします。PTにリーダーを狙えという作戦しか持たないキャラだけだった場合、敵リーダーにこちらが与えるダメージ量<敵が回復する量だと、ほぼこちらが負けになります。これがPTの中に「弱ってるヤツを狙え!」や「回復役をつぶせ!」の作戦を持ってるキャラがいれば、先に回復役を倒してくれるので、ほぼ勝ちが狙えます。この辺りの感覚はRPGをやっていればなんとなく分かるんじゃないでしょうかね。
 ということで、プレイヤーがしなくてはいけないことの大半は戦闘前にあって、さらに言うとメインクエの敵は固定なので、クリティカルなどの要素はあるものの、戦闘の勝ち負けは戦闘前にほぼ決まっているんですよね。なので、クエ開始→放置→自動で戦闘→クエ終了って流れになるので、レベリングとかも楽なんですよね。放置中に敵がクリティカル連発でこちらが負けていたとしても、キャラロストや出撃不可期間があるわけでもないので、デメリットはありません。その点は艦これと違って緩く作られているんですよね。
 以上の点が私にとっては魅力であるんですが、人によってはやることが少ないやら単調とかで面白くないと思う人もいるでしょう。最近がっつりとゲームをやる気力が無くなってきていて、単調で気楽にゲームをやっているって気分になれるので、私は好きなんですけどね。
 説明不足なところもあるかもしれませんが、以上で解説終わりです。まあ、少しでも興味があるのなら、一度プレイしてみるのが手っ取り早いですね。無料で始められますし、少し調べればどんなキャラがいるのかもわかりますので、それで続けてみたい、やってみたいいと思うのならプレイしてみてください。

 といったところで、今日の更新はこれにて終わり〜っと。


 
posted by 細雪 at 23:56| Comment(0) | かんぱに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あんまり発言しないほうが無難な話題


 正直、あまり触れない方がいい話題なんですけどねえ。まあ記録ってことでとりあえず書いておきます。
 先日発表された慰安婦問題についての日韓共同発表。第一報を聞いたときは「え? 合意したの?」って驚きで、ネットで散見した情報だと「日本が罪を認めて謝罪した! しかも合意文書すら作成せずに!」って否定的な意見が多く、なんでこんな流れになったのかと不思議に思ってたんですよね。これまでの流れからしたら、韓国側からの要求を日本が突っぱねて終わりって思ってたので。まとめブログ系を見ていても感情的な発言ばかりで正確な情報がなかった上、ニュース系のネット記事を見ても正確に発表内容が引用されてるか不明だったので、最終的には外務省のHPで発表内容を確認してきました。
 で、発表内容を確認した感想ですが、最終的な判断は正式な内容を記した調印文書待ちになるんでしょうかね。現状ではどちらの言い分が通ったのかなんとも言えないです。軍の関与を認めて首相が謝罪するってありますが、ここは問題のようで問題じゃないんですよね。問題なのは「強制性」があって「性奴隷」として軍が扱っていたかってことだったわけで。発表内容にはこの二つの単語は入ってないので、他国語訳でもこの二つの単語が入ってないのなら、日本の外交的勝利でしょう。逆に伏せている合意内容にこの二つの単語が入っているのなら、韓国側の外交的勝利でしょう。ただ、発表内容の韓国側の発言が、「日本政府の表明」という言葉を使って、具体的に日本政府が何を謝罪したか言及してないんですよね。韓国側の要求が通っていたら、ここは率直に問題の上記二つの単語か、最低でも慰安婦って単語は入れてくると思うんですよね。それを入れてこないってことは、日本の要求を呑みつつ、韓国国内には日本に謝罪させて金を出させたって韓国側の言い訳が出来るような発表内容かなと思うんですよね。ただ、逆の見方も出来なくはないので、やっぱり正式な調印文書待ちですかねえ。
 これで慰安婦問題は一区切りつきそうですが、韓国系の団体は今回の合意に思いっきり反発してますし、台湾からも慰安婦問題の協議を打診してきてますし、まあ完全解決までには時間かかるでしょうねえ。

 といったところで、今日の更新はこれにて終わり〜っと。

 
posted by 細雪 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。